本文へスキップ

 社会の「これから」をつくる研究所

 職員インタビュー

生活を守り、より良くするための研究

明石 晴香(道路交通研究部 道路交通安全研究室)(現:企画部 企画課)



 私は、道路交通安全研究室で、より安心・安全な道路空間の実現をめざし、車の走行経路や急ブレーキが起きた場所を記録するETC2.0プローブ情報を交通安全対策に活用する方法について研究を行っています。 ETC2.0プローブ情報は24時間365日多くの車から収集するビッグデータであり、このデータを活用して、急ブレーキの多発箇所等、事故が起きる危険性のある箇所を見つけ出す方法の開発等を行っています。 この方法を用いることで、事故が起きる前の早い段階で事故を防ぐ対策の実施につなげることができると考えています。
 国総研では、様々な分野で人々の生活をよりよくするための研究を進めております。交通安全に関する研究は、人々の生活を守るためであり、身近な課題を解決するための研究です。 交通事故をなくすため、道路空間からできることに取り組んでいます。



国土技術政策総合研究所

〒305-0804
茨城県つくば市旭1番地


●問合せ、説明会等申込み先
【行政】
 人事厚生課 採用担当
 TEL:029-864-2206,1990
 E-mail:nil-recruit-jimu
     @gxb.mlit.go.jp
【技術】
 企画課 採用担当
 TEL:029-864-2674
 E-mail:nil-recruit-gijyutu
     @gxb.mlit.go.jp



DOWNLOAD

採用案内パンフレット 
国総研パンフレット